ダポキセチンの効果を知って早漏防止しよう

早漏に悩んでいる方に、是非お試しいただきたいのがダポキセチンです。
多くの方がダポキセチンを含有した薬で、性生活を豊かにしています。「聞いたことが無い、本当に効果があるのか」と疑問に感じられる方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、ダポキセチンが早漏を防止してくれる仕組みについて、説明させていただきます。
早漏症の原因は、過度の緊張や興奮など精神的な割合が大きいといわれています。
興奮が高まりすぎてしまい、快感や刺激を強く感じるようになってしまうのです。
興奮をもたらす脳内物質であるアドレナリンが過剰に分泌され、衝動を抑えられない状態になります。
ダポキセチンには、セロトニンの分泌を促す効果があります。脳内物質であるセロトニンは、緊張を解きリラックスさせる作用を持っているのです。
セロトニンが増加することにより、興奮がしずまり、性衝動も抑えられます。
結果、射精のタイミングをコントロールできるようになるのです。
実は、ダポキセチンは坑うつ薬として開発されたものです。
服用していた患者から「射精が遅くなった」と報告されたことをきっかけに。
早漏治療薬としての開発も行われるようになりました。
そもそも早漏抑制の効果が確認できたからこそ、治療薬として扱われるようになったのです。
ダポキセチンの効果は高く、ヨーロッパなどではすでに早漏治療薬として認可を受けています。
日本ではまだ医薬品として認可されていないため、ドラッグストアなどでは購入できません。
しかし、個人輸入代行サイトなどを利用すれば、簡単に入手が可能です。
塗り薬タイプの早漏防止薬などと比べても、効果の持続時間が長く使いやすい薬です。
安全性の高さについても評価されており、今後ますます注目を浴びるでしょう。