早漏とダポキセチンの効果について

心理的な要因によって引き起こされる早漏は、医薬品によって治療不可だと言われてきました。
しかし、最近では有効な医薬品がごく普通に提供されており、内服薬の使用によって射精時間の延長が図れます。
様々な種類の医薬品がある男子向けのジャンルですが、手がかりはあります。
主成分ダポキセチンと明記された医薬品こそ、早漏に効く治療薬です。
男性の自尊心を根本からへし折ってしまうのが早漏であり、女性からダサい男性だとレッテルを張られる原因となります。
早漏の原因として最も大きいのが心理的な要因であり、興奮した脳が必要以上に射精を急いでしまう事で、本人が意図したタイミングでフィニッシュを迎えられなくなります。
主成分のダポキセチンはそういった必要以上の興奮を鎮める力を持っています。
唐突に湧き上がってくる興奮感を上手く抑制する事によって早漏的なフィニッシュを抑止し、
精液を出すまでの時間を普段の倍以上に高めてくれるのが治療薬の効果です。
内服薬ですので、ED治療薬同様にセックス寸前に摂取出来るでしょう。
早漏の治療薬には塗り薬やスプレー式の医薬品がありますが、早漏対策が恋人にバレバレになるリスクがあります。
またペニスにスプレーやジェルを付ける事に抵抗を覚える男性も多いはずです。
ダポキセチンを含む内服薬なら、ペニスに異物が付く事もありませんし、スプレー式の医薬品とは違い、性的な快楽が減退する事はなく、あくまで脳内の過剰な興奮感を控える事によって早漏をスルー出来ますので、セックスの満足感は今までどおりです。
ダポキセチンは元々精神科で処方される抗鬱剤に広く使われていた成分です。
脳を適度にリラックスさせる事で、反射的な射精を予防出来ますので、セックス経験が浅い男性や心労で早漏気味な日々が続く男性にもオススメです。